Column

Daisuke Furumura 古村大介『行徳の父』 スピリチュアルなパワーを天然的に持つ(笑)、古村大介 (Gt.)が皆様からのお悩み相談にお答えしたり、お気に入りの写真とともにゆる~く綴っていくコーナー!
お悩み相談は下記の投稿ボタンからどうぞ!お待ちしております。

<行徳の父プロフィール>
古村大介。北海道函館市出身。10歳の時に親の転勤で現在の千葉県行徳に移り住む。
何をやっても続かない性格だったが高校でギターと出会い、卒業後高校の仲間とバンドを結成し現在に至る。
趣味は筋トレ、バイク、カメラ、美白。
コーナータイトルである行徳の父を命名したのは何を隠そうVo光村である。
Bayfmのレギュラー番組で恋愛相談をやっていた事もあるが、実は恋愛は一番苦手なジャンルだと最近気がついた。
しかしこの行徳の父をいつかNICOモバイルで大きなプロジェクトにすべく毎夜真剣に考えている姿は我ながら素晴らしいと思っている。

投稿する

2017.Apr.5 Posted

第六十九回

ツアーも折り返して先日NHKホール2日間も終わりました!
動画を相変わらず撮りためてるんどけど、実は俺の自撮り棒が三脚にもなるからNHKホールのアンコールで適当に立てて撮ってみたんだよね。
そしたらまあまあ良くて。スクショだけど少し紹介します!







これは2日目の方。横に置いてみたバージョン。
もっとみんなを撮りたかったんだけど構図観てる時間無くてね。笑

個人的よかったのは1日目の方で。
ポンと適当に置いたのが逆によかったのかなー。まあ俺のとこしか映ってないんだけどね。笑





後ろからこう撮るのって何か個人的にはキースリチャーズって感じであーいい!と思っとります。

んで、もう一つうまく撮れたのがここね!
浅野くんとのセッション部分。












色々動画で見せたかったけどね~。
かなりカッコよく撮れてました。

どっかで軽く編集して、繋げて観せたいんだけどね。
モバ会員のみんなにね、特別にね。
ツイッターの短い動画もいい感じでしょ?
古村頑張りま~す!

週末からはまたLiveハウスが続くから頭切り替えてガッツリやってきますね!



あー流石に身体中痛いわ、マッサージ行ってこようかなー。

2017.Mar.8 Posted

第六十八回

ついに32歳になってしまった。
おじさん化が進む進む笑。
何故か俺の誕生日はスタジオだったりLIVEが近かったりで、いつもケーキを食べています。
幸せです。





今年は神戸でやったマイファニーバレンタイン終了時にもみんながハッピーバースデー歌ってくれたんだよね。
ツイッターで見てくれたかな?
動画もハマってきました笑

Live終了後にはね、俺の大好きな六甲山に車で行ってきたよ。
日本三大夜景は全部見てるんだけどね、六甲山は多分日本で一番大きな夜景なんじゃないかな。
スケールが他の二ヶ所とは違うよね。
函館はやっぱり形が良くて、長崎は山と街と海のバランスが素敵。
夜景観るのは、パワーもらえる感じがしてとても好きです。
最近車の運転も結構慣れてきたな~。





続いて、
この間の名古屋のホールから俺特製のスタンプ始めたけど、みんなやってくれて嬉しいです!!
でもかなり列が凄くて押せてない人もいるのかなー?
みんな楽しんでくれそうだったらまだ色々やりたい事があるから引き続き宜しくねん。
ちなみに俺多分誰よりマルシェバッグヘビロテしてると思う笑






打ち上げの様子。
五人なのはね、ホールだけサポートで浅野くんが入ってくれているからです。
一言で言うと彼は天才。
妖怪ウォッチが好きという、何とも楽しい彼です。
俺久々にお酒飲んだから一杯で顔が真っ赤になってる。笑




ツアーは残り16本!
もっとメチャクチャに楽しんでいきたいと思ってるから、みんなも楽しみにしててね!
あ、ツアー行く先々で素敵な夜景知ってる人は是非教えてね!
ツイッターにでも送ってくれたらすぐ観るからよろしく~~!

2017.Feb.8 Posted

第六十七回

ようやく、俺が編集していた2015/1125LIVEの映像が完パケした。
パチパチ。
これを読んでいるみんなはもう知っていると思うけど、一昨年の1125LIVEは俺以外の三人で1日に東京と大阪の二ヶ所でワンマンライブをやっていて、そのLIVEドキュメントを俺が編集していた。
最初は膨大な量のデータを前に途方に暮れながらもノートに良いシーンを書き出していったら軽く2時間超えの作品になりそうで、シーシャ吸いながら一人頭を抱えていた。
若干考えすぎと吸いすぎで頭もくらくらしながら。笑

今ここでは発売まで楽しみにしていて欲しいから詳しくは書けないけど、きっと今までで一番近くに(映像的にも、観てる方の感情的にも)感じてもらえるような作品に仕上がった気がする。
少し笑えるようなオフショットも独断と偏見で結構入れていて、普段の楽屋での雑談とか、新幹線での移動中の会話とか、LIVE前の生々しい空気感とか、インタビュー的なものも入っている。
肝心のLIVEカットは3人それぞれの俺的な「ここがカッコいい!」を切り取っているから、今ままでのLIVE映像と少し雰囲気が違うかもしれない。
でも全て俺好みで作ってるからこそ、そこも含めて感じてもらえるんじゃないかと思うけど、なんせ初めての作業だったのでバタバタだったし、今はこれを観たみんなの反応が気になる次第。
だから早く観せたい!
見せたい気持ちがはみ出ちゃいそうなので写真で部分的に見せちゃう。笑






















写真は画像をかなり圧縮してるから汚くなっちゃってるけど、実はカメラは4Kで撮ってて、でも綺麗すぎて恥ずかしいからわざと画質は荒らしてる。
ラストにオマケのお宝映像も入れてあるので、とにかく楽しみに待っていてもらえたらなと思うます!
この映像を作ってたら俺は出てないけど、普段自分が出てるLIVE以上に理解した部分とかもあってとても勉強になった。
大阪城ホールのLIVEを観て1125ドキュメント観て、もう一回大阪城ホールのLIVEを見て欲しいかな。
後約一ヶ月、もう少しまっててね。

2017.Jan.18 Posted

第六十六回

今年のお正月休み、初めてスノーボードをやってきた。

去年の春、車の免許を取ってからはある程度思いつきで山に行ったり二郎食べに横浜行ったり意味もなく行徳に帰ったり、今年の初日の出はカウントダウンジャパンの帰り足そのまま千葉の犬吠埼まで見に行った。
ツイッターにも上げたけどとっても綺麗だった。

ただウィンタースポーツをやりに行くのには迷いがあって。
それはスノーボードをしにいくという事は雪山を車で走らなきゃいけないからで、そのためにはスタットレスタイヤだったりチェーンをタイヤに履かせないといけないという厄介な作業があってまだ運転初心者の自分には早いかもと思っていた。

だけど行くならこの休み中だろうなとは思っていて、たまたま坂倉さんと一緒に夜ご飯を食べながらそんな話をしていたら坂倉さんの「このまま行っちゃう?」の一言。
夜22時くらいの思いつき。
内心そういうの待ってました!笑

そこから一気にスタットレスタイヤ装備のレンタカー、チェーンはこの時間どこに売ってるかを調べ、近くのドンキにチェーンが売っていたので車のタイヤのサイズを調べ買いに行きそのままとりあえず行こう!で目指したのは苗場スキー場。
都内出たのは夜中の1時くらい。

途中トンネルを抜けたところで一気に雪景色になりうわー最高だなーと思いながら、そろそろチェーン履かせようかとなり、コンビニの駐車場に止めて初作業。
これがとにかく大変で2人で30分くらい格闘。
とにかくギッチギチ!思いっきり伸ばして体重かけながらやってなんとか完了、、。

再び走り出すと、徐々に山道になり辺りもどんどん白さが増してきてドキドキワクワク。
時速40キロくらいで走り続け到着したのが午前5時頃。
休憩所で少し仮眠して、午前8時さあいよいよ行きますかと横見たら坂倉さん寝不足でおじいちゃんみたいにヨロヨロ。笑

でもせっかく来たんだからここは行くしかない!
手ぶらで来たので全てレンタル。
肌に直接つく物はレンタル出来なかったため、ゴーグルは自分のサングラス。
手袋は流石にないと死ぬからその場で購入。
リフト券も買い、レンタルのお兄さんにボードに石鹸みたいなロウみたいなやつをカッカッカッとカッコ良く塗ってもらったらいよいよ初滑り。

まずいきなりリフト乗ったはいいけど降りた瞬間に大ゴケ!
ボードってあんなに自由が効かないもんなんだと一瞬で恐くなる。
下の写真はリフトでの写真と初滑り直前の写真。





前の女の子も初心者なんだろうけど、今滑ったらその子を飛ばしちゃいそうでなかなか踏み出せない瞬間。
やはり坂倉さんはスケボーも得意で去年夏にはサーフィンも始めただけあってかなり上手。



俺は最初コケまくったけど二回目ではズズズッと降りるやつ。
あれが可能になった。
調子に乗った2人は初心者コース4回ほど滑ったら中、上級者リフトに乗ってしまう。
これは本当完全にミス!!笑
写真には坂倉さんが座っているけどその先角度がいきなり急でこの下がもう見えない感じ。
距離も1キロほどあるみたい、、。



1時間前に覚えたての、ズズズってやつで俺は20分くらいの間に10回はコケながらなんとか生還。これを機にここから急に恐さが増す。
気がつけばお昼でご飯休憩。ゲレンデ来たらこれだよねってやつ。カレー!最高!



食べたら急に眠くなって、あと首がめちゃくちゃ疲れてる。多分ガチガチに緊張して滑ってたから力入ってたんだろと思う。
1時間また寝て最後もう一滑り。
結局俺は初心者コースをひたすら滑って終わった。唯一悔しいのが片面でしか滑れなくてターンしながら滑るのが恐くてなかなか出来なかった事。
次回はこれを克服したいなと思いながら、最高の初スノーボードだった。
本当に初滑りの動画も坂倉さんが撮ってくれたんだけど、ツイッターで流すのは恥ずかしいから、モバイルの動画でもしかしたら見せられるかも。
楽しみにしてて下さい。



動画はこちら


2017.Jan.18 Posted

第六十六回

今年のお正月休み、初めてスノーボードをやってきた。

去年の春、車の免許を取ってからはある程度思いつきで山に行ったり二郎食べに横浜行ったり意味もなく行徳に帰ったり、今年の初日の出はカウントダウンジャパンの帰り足そのまま千葉の犬吠埼まで見に行った。
ツイッターにも上げたけどとっても綺麗だった。

ただウィンタースポーツをやりに行くのには迷いがあって。
それはスノーボードをしにいくという事は雪山を車で走らなきゃいけないからで、そのためにはスタットレスタイヤだったりチェーンをタイヤに履かせないといけないという厄介な作業があってまだ運転初心者の自分には早いかもと思っていた。

だけど行くならこの休み中だろうなとは思っていて、たまたま坂倉さんと一緒に夜ご飯を食べながらそんな話をしていたら坂倉さんの「このまま行っちゃう?」の一言。
夜22時くらいの思いつき。
内心そういうの待ってました!笑

そこから一気にスタットレスタイヤ装備のレンタカー、チェーンはこの時間どこに売ってるかを調べ、近くのドンキにチェーンが売っていたので車のタイヤのサイズを調べ買いに行きそのままとりあえず行こう!で目指したのは苗場スキー場。
都内出たのは夜中の1時くらい。

途中トンネルを抜けたところで一気に雪景色になりうわー最高だなーと思いながら、そろそろチェーン履かせようかとなり、コンビニの駐車場に止めて初作業。
これがとにかく大変で2人で30分くらい格闘。
とにかくギッチギチ!思いっきり伸ばして体重かけながらやってなんとか完了、、。

再び走り出すと、徐々に山道になり辺りもどんどん白さが増してきてドキドキワクワク。
時速40キロくらいで走り続け到着したのが午前5時頃。
休憩所で少し仮眠して、午前8時さあいよいよ行きますかと横見たら坂倉さん寝不足でおじいちゃんみたいにヨロヨロ。笑

でもせっかく来たんだからここは行くしかない!
手ぶらで来たので全てレンタル。
肌に直接つく物はレンタル出来なかったため、ゴーグルは自分のサングラス。
手袋は流石にないと死ぬからその場で購入。
リフト券も買い、レンタルのお兄さんにボードに石鹸みたいなロウみたいなやつをカッカッカッとカッコ良く塗ってもらったらいよいよ初滑り。

まずいきなりリフト乗ったはいいけど降りた瞬間に大ゴケ!
ボードってあんなに自由が効かないもんなんだと一瞬で恐くなる。
下の写真はリフトでの写真と初滑り直前の写真。





前の女の子も初心者なんだろうけど、今滑ったらその子を飛ばしちゃいそうでなかなか踏み出せない瞬間。
やはり坂倉さんはスケボーも得意で去年夏にはサーフィンも始めただけあってかなり上手。



俺は最初コケまくったけど二回目ではズズズッと降りるやつ。
あれが可能になった。
調子に乗った2人は初心者コース4回ほど滑ったら中、上級者リフトに乗ってしまう。
これは本当完全にミス!!笑
写真には坂倉さんが座っているけどその先角度がいきなり急でこの下がもう見えない感じ。
距離も1キロほどあるみたい、、。



1時間前に覚えたての、ズズズってやつで俺は20分くらいの間に10回はコケながらなんとか生還。これを機にここから急に恐さが増す。
気がつけばお昼でご飯休憩。ゲレンデ来たらこれだよねってやつ。カレー!最高!



食べたら急に眠くなって、あと首がめちゃくちゃ疲れてる。多分ガチガチに緊張して滑ってたから力入ってたんだろと思う。
1時間また寝て最後もう一滑り。
結局俺は初心者コースをひたすら滑って終わった。唯一悔しいのが片面でしか滑れなくてターンしながら滑るのが恐くてなかなか出来なかった事。
次回はこれを克服したいなと思いながら、最高の初スノーボードだった。
本当に初滑りの動画も坂倉さんが撮ってくれたんだけど、ツイッターで流すのは恥ずかしいから、モバイルの動画でもしかしたら見せられるかも。
楽しみにしてて下さい。




2016.Dec.1 Posted

第六十五回

11月25日をイイニコの日と名づけて、俺達主催のお祭りのような日を作ってから何年目だったかなあ。
毎年この日が近づくと必ず思う事。
俺等なりに毎年色々なコンセプトをもってその日限りの特別なLIVEをやってきた。

イイニコの日は、NICOが歩んできた月日を少しだけみんなと一緒に振り返る日でもあれば、日々の中で凝り固まった頭やストレスなんかも含めて、ひたすらにエネルギーを放出する事である種のリセットボタンを押す日でもあれば、いつも応援してくれているみんなに改めて感謝する日でもあって。

そんなLIVEがこの間、思い出の地赤坂BLITZで行われた。

思い出を少しだけ説明をすると、俺達がバンドを組んでばかりの頃、まだみんな19、20歳くらい。
当時千葉に住んでいながらも赤坂の駅前にあるスタジオまでわざわざ通って練習をしていた。
理由は単純明快で、知る限り一番安かったから。当時はもちろんバイトをしながらの活動で、坂倉に関してはまだ大学生。
お金があるはずもなく、調べに調べた結果そこはなんと一時間700円。
深夜パックになると、軽食まで付いてきた。

あの頃から夜行性で、時間だけはたっぷりあったため、よく深夜パックに入っていた。
そして、スタジオのロビーから見えたのが当時更地だった現赤坂サカスであり、赤坂BLITZとなる場所。
ロビーの窓から少しずつ進められていく工事現場の様子をよく見ていた。

そのスタジオで作られて、歌詞にも当時の様子が書かれた曲がimage training。
冒頭一行目『AM5時の一ツ木通り』
思い出すのはクタクタになった自分達、そして今そんなに乗る人いないだろってくらいTAXIで溢れかえった様子。
明け方の赤坂はビル街に自分達だけがいるような特別な感覚がして、あくまでも俺は嫌いじゃなかった。
なぜなら坂倉に聞くと今までで一番辛かった時期はあの頃だったと今だに言う。
その後始発で帰った後寝ずに所沢にある大学まで通っていたからだ。
申し訳なかった。
でもしょうがなかった、笑。

まあ、他にも思い出はたくさんあるけどそんな思い出の地赤坂BLITZで1125LIVE2016。
LIVEの内容はインディー盤赤と青の全曲公演。
暗いLIVEだったけど、やっていてとても充実感のあるLIVEだった。
そしてその後にカッコ笑もつく。

それはLIVE序盤4曲目、みっちゃんが歌詞を飛ばして演奏を止める場面があった。
実は直前にステージ袖で「緊張して歌詞飛んだらどうしよう」と漏らしていて。
俺は確実にフラグだなと思い、「歌詞飛んだら止めてもいいから!」と緊張をほぐす意味も含めて冗談半分マジ半分で言った。

実際その瞬間は結構早めにきたな!とは思ったけど、終わった後みっちゃんは直前のあれがあったから躊躇うことなく止められたと笑っていた。
もちろん三人はさっきの話直後が故、笑う。
10年経ったなと思う。
小さな事で、一瞬の出来事だけど、バンドはその一瞬に何十時間もかけたりもする。
そんな中本来は躊躇って当たり前。

以前坂倉とレディオヘッドのアルバムツアーに行った時、頭のギターの掛け合いをミスってやり直す場面があった。
躊躇うことなく、笑ってやり直していた。
今考えると新曲でそんな事が出来るなんて、何て音楽を楽しんでるんだろうと思う。
そんな光景が近いうちに新曲であった時は、最高に笑ってほしい。
もちろん無いのが一番だけど。笑

俺にとっては二年ぶりのイイニコLIVE。
改めてみんなへの感謝と。
自分にとってもデトックスができたLIVEだった。
ありがとう!!

久しぶりに当時の、手帳を引っ張り出してみた。相変わらずひどい字。
手帳の意味はなして無くて、もはやよく分からない。

なぜか雨のブルースを雨のファニーと書いていた俺。
頭ん中どうにかなっちゃってるわ。






今日より明日の俺の頭ん中が良くなってますように!
俺も聴くわ、マシマシ!

2016.Oct.28 Posted

第六十四回

最近ダーツにハマっていてよく対馬と投げに行く。
やりだすと凝ってしまう性格故、まさかのマイダーツまで買ってしまった。
たまにやる事はあったけどここまでハマるとは正直自分でも思っていなかった。
というかハマりたくなかった。
ゲーム、漫画、麻雀、タバコ、全てそうで一度ハマるととにかくやり続けてしまう。
だから全部あえてやってこなかった。

その中で最近解禁したのがダーツと麻雀とシーシャ(水タバコ?)。
三つも?と思うかもしれない。
現に自分でも思ってる。笑
一つ始めると二つ三つと芋づる式で、なんて言い訳だけど、、。
まぁでも始めてしまったのだからしょうがない。

そんなわけで、対馬と朝までダーツする事もあればメンバー四人で麻雀を打つ日があったりもする(初めての徹マンはまぐれで勝つ事ができた)。
その中でも一番ハマっているのがダーツ。
的に上手く投げれる人は異性を落とすのも上手い。
以前何かのテレビでやっていた格言。
なぜかそれだけは覚えていてダーツをやる度俺の頭をよぎる。
だとしたらダーツのプロは凄いな、、。
嘘だと分かっていても少し調子がいいと、自分も女子を落とすのが上手くなってるのでは。
とくだらない事を考えたりする。笑

そんなある日。
いつものようにダーツをやっていて、喉が渇いてジュースが飲みたくなった。
メニューには、カルピス、コーラ、メロンソーダ、コーラフロート、と黄金メニュー。
ふと一番下を見るとフロート¥200と書かれていた。
おっ!これはと思い店員さんに聞いてみるとやはりそれはアイスを乗っけられて、どのジュースにもいけるらしい。
一通り想像したが、無難にメロンフロートを頼んだ。
この時店員さんがアタフタしていて、あっ新しい人なのかなとは思っていた。
お待たせしました!
おっキタキタ
よしフロートフロート!

ん、、、
あれ!!??

なんと、上にのっかっていたフロートは生クリームだったのだ。
一瞬これはアリなのかと考えたが、やはりない!笑
店員さんに聞き直すと、アイスが良かったですか?と逆に聞かれてしまった。笑
あっはい。
ていうか、普通アイスじゃね??ウインナーコーヒーじゃないんだから。
とは言わなかったが、、。
あまりのショックにすぐ新しく物をもってきてもらったが、今は写真を撮っておけばよかったと少し後悔。

いつも疑うことなく頼んで飲んでいたメロンフロート。
それに今更こんなにも驚かされる事があるとは思ってもいなかった。
もしかしたら自分で勝手に決めつけていただけで、あの店員さんは普通に生クリームをのっけて飲んでいるのかもしれない。
謎のままだ。
またあのダーツバーに行ったら、きっと俺はメロンフロートを頼むと思う。
その時は是非生クリームをのっけて持ってきてもらいたいものだ。



2016.Sep.29 Posted

第六十三回

夏も終わったなと、いよいよ秋を迎える空気になってきた。
いや、まだまだ終わってない。
そう、今年まだ怖い話しをしてない!
先日友達と飲んでる時、何気なくそんな話になって怖い話が始まった。
それぞれ自慢の怖い話を回していって、俺も渾身のやつ話したりで一通り盛り上がった後。

怖い所行く?え、行っちゃう?よし、行こう!

それで行くことになった場所は、墓地。
夜中の2時、満月の夜。
完璧なシュチュエーション。
4人で行ったそのお墓は、案の定シーンとしていて、誰もいない墓地をひた歩く。
満月の夜は意外と明るい。
それだけでも結構行ける。
それでもやっぱり不意に暗い所があると、後ずさりしながらも携帯のライトをつけて、左右の墓石を照らしながらまた歩いて行く。



途中不意に現れたでかい木。
枝がやたらに伸びていて不思議な力を感じるような、、足が止まる。
みんなビビりながらも先頭を歩く俺はそのソワソワも楽しかった。
肝試しの醍醐味かもしれない。
結構歩くと墓地の外に出れる所に着きあたる。
まぁこんなところかなと、後ろ髪を引かれながらも一応退散となった。

その後も盛り上がり、撮った写真を四人で確認しようとまた飲み屋に行く事に。
外にテラスのある店で、外で4人だけで確認作業。

さて、ここから。
同じ場所で続けて撮った4人の写真がある。
周りは全てお墓。
友達の一人が俺の写真が怪しいと言い始めてついに見つけてしまった、、
ご覧いただこう。



一見特には分からないが、画面の右隅の真ん中辺り。
少し白く浮いてる部分がある部分に注目してほしい。
そこをアップしていくとなんと女性の顔がハッキリと!
では、そこをアップした写真。



少し暗いが右側に上を向いた顔がハッキリと見える。
後日その飲み屋に行くと店員さんが話しかけてきた。
あの日テラスで俺達が騒いでいたらそこに何だ何だと話に入ってきた二人がいた。
その二人は話し終わるとそうそうに帰るのだが、そのテラスから店の外まで出る間黒い影がずっと二人の後をついて行ったらしい。
しかし店の外に出た瞬間、その影はビュンッ!とまたテラスの方に戻って行ったんだと。
その時は怖がるから言わなかったらしいんだが。
どうやら霊は脈なしだと分かるとついて行かないらしく、きっと帰った二人は諦めてまたテラスに戻って行ったんだろうと。

ということは、あの時の四人の誰かに、、
というか俺に、、
霊は電波にのるらしく、もしかしたら俺から今見てるみんなの元に飛んでいくかもしれない事も書いておこう。
黒い影が後ろからついてきたと感じたら気をつけて下さい。
何かに気がついても、くれぐれも後ろを振り向かないように、、
この顔が自分に気づいてくれる人を探し、あなたの元へ行くかもしれない、、



ほら、後ろ!!!

2016.Aug.30 Posted

第六十二回

どうも古村です。
先月お伝えした通り行徳の父は少しの間お休みという事で今回からはゆる~く新しいコーナーが始まります。
単純ですがお気に入りの写真を載せ、それに付随した日記的なものを書いていこうかなと思ってます。
こういうの何て言うんだろう、長い日記。月一だから月記か。笑
まあ内容、形態は誰かに意見され次第随時変えていくので、気軽に見守っていてください。




今年6月の一番日が長い頃の午前4時の自宅前。
その日長いスタジオ作業でクタクタになり、いつもなら迷わず玄関まで直行しているところ。
この日は自分の階でエレベーターの扉が開いた瞬間、この風景に思わずギターを背負いながらも携帯を構えました。

結構明るかったけどまだ月が出ているのが幻想的で三日月ってところも何か作り物っぽくて良かった。写真だと分かりにくいけど実際はもっと大きく見えてます。

この時すごく静かだったからか、月が作り物っぽかったからか、ふと街が寝てるって感じがして。てことは地球はずいぶん大きな部屋だよなーとも思ったりして。
普段は身に感じる事が少ない自然現象をいつもの東京、いつもの家の前で瞬間的に大きく感じた出来事でした。
6月はジメジメして嫌いだけどこの時間帯限定で好きになりそうです。

今回、この写真を選んでいて改めて思った事が一つあって、それは自分風景撮るの好きだよなって事。笑

実は俺中学校の修学旅行で京都行った時班の写真係りでした。
36枚フィルムの内半分くらい竹やぶとか、知らん銅像とか、ちょっと味のある階段とか撮ってて。
それを現像してからその事に気がついて凄く申し訳ない気持ちになった事がありました。
班の皆んなはその中から好きなやつを選んで買っていくのに、さすがに竹やぶの写真は買わない。笑
心霊写真でも撮れてれば別だったかもしれないけど。笑

すでに今携帯の写真フォルダには約7千枚あるけど、一人ベトナム旅行の写真とかも結構風景が多い。
これ自分でもちょっと嫌というか飽きてるんだけど、何か撮っちゃう。
だからこれから載せていく写真も風景多めかもしれないです。笑
頑張って人物とか動きのある写真も撮っていこうと思うけど、物や風景きても好きだよね~で許して下さい。笑

おまけにもう一つ、先日台風が過ぎ去って辺りの雲全部持っていってくれたために初めて家から富士山が見えました。




ちょっとズームしてるから画質荒いけど、奥に富士山見えるでしょ?
家から直線で130キロくらい。
次のSweet Love Showerはあそこに行ってLIVEしてきます。
ベランダと廊下側両方にたまに見える楽しい風景。
皆んなも色んな時間タイミングに、いつもの場所からでも外見たら発見あるかもよ!

あ最後に、分からないとは思うけど家の場所を発見しないように!笑
皆んなを信用して写真載っけます。


2016.Jul.29 Posted

第六十一回

どうもみなさんこんにちは。
行徳の父こと古村大介です。

7月も終盤、例年より梅雨明けも遅く涼しい日々が続いていますが皆さん風邪などひいてはいないですか?
実は父7月の頭に1回風邪をやってしまいまして、その時久々にお粥を食べたんですよ。

でそれ以来お粥にハマってしまって、最近ご飯に迷ったら家でお粥を食べたりしています。
なかなかあの質素な感じが好きで、多分近所にあるセブンイレブンのお粥は全て父に消費されているんじゃないでしょうか。笑

店員さんにはお粥ばっかり買う、お粥じじいだと思われいるんじゃないかな。
もちろんハーゲンダッツの桃も買うんですよ。桃じじいでもある。


さて、めでたく31歳になり車の免許も取得した坂倉さん。
早速今後ろに乗せてもらってこの原稿を書いています!

坂倉さん運転すると独り言が多くなるようでタクシーの運転に対して、おぅ左行くのかよ、おぅ止まるのか、おぅそこ行かんのかい、などきっちり安全運転の坂倉さんにはタクシーの強引な運転が非常に恐い模様です。
運転は性格が表れると言いますが、たしかにそうかもしれないですね。

これでバンドメンバー二人が免許取得。次は誰が取るかなー??
というところで、そろそろ今回の相談もはりきっていきましょう!!


-----------------------------


らっきょっきょ

もう夏ですね。
暑さにやられないように何かしてますかー?

ところで本題ですが、
最近ショックな出来事が起こりました。
高校の3年間で一番多くの時間を過ごした友人と、
久しぶりに街中で偶然再開しました。

離れていても元気にしてるかなー、会いたいなー、と
気になっていましたが、連絡しても休みが合わず、会えないままでした。
その矢先に偶然、知り合いと一緒にいるところを見つけ、声をかけましたが、
高校の頃のような本当に優しい感じとは違っていました。

私はただ、自分が本当のその子のことを分かってなかっただけなのかなー、とかいろいろ考えてしまって、少しショックを受けました。
そんな自分も嫌でした。

父はこんなことありませんでしたか?


-----------------------------


父もありますねー。
小学校の頃ずっと好きだった女の子と20歳くらいのある日、偶然駅のホームで会いました。ただあの時キラキラしていた彼女が少しスレて疲れた様な顔をしていたんですよ。

久々だね~なんて言いながら楽しく話してはいたんですが、父が好きだった彼女はいなくなっていましたね。
後から同級生に聞いた話ですが、中、高校でどうやらイジメにあってたらしく。
あまり友達が出来なかった様なことを聞きまして。

付き合う友達や環境の変化で人は変わるんだとその時は悲しく残念に思った事を覚えています。
父の印象に残ってるの思い出の一つです。

でも数年後彼女がめでたく結婚して子供も出来たと本人から聞いて少しホッとしたんですよ。

話をもどしまして、らっきょっきょさんのその友達が、優しかった雰囲気が変わったというのなら、友達は今ファッション感覚で新しい自分を面白がってるのかもしれないですよね。

そうだとすれば本質は変わってないし、
その友達も今変わった自分を見せたかったのかもしれないですよね。

こわがらずにもう少しまた話してみたその奥が見えるんじゃないでしょうか??
今落ち込む必要はないと思いますけどね!


-----------------------------


あおい

父、こんにちは。
先日失恋してしまいました。
大学受験期に地方の同じ予備校に通っていた人で、お互い都内の第一志望の大学に合格したのですが、告白する勇気を出せないでいるうちに相手が大学入学後1ヶ月で彼女を作っていました。
1年近く片思いしていて、入試直前まで同じ目標に向かって励まし合っていた相手だっただけにショックが大きくて、未だに立ち直れません...。
どうやって忘れたらいいでしょうか?


-----------------------------


んー、それはショックですねー。
父からまず言えるのはドンマイ!!

そしてこれから沢山出会いが待ってるから大丈夫!
父も一度好きだった人に告白せず、その彼女が彼氏を作ってしまい後悔しましたが、その後半年くらいで二人は別れ、そこから父も頑張って付き合った事があります。

忘れられないのであればそういうパターンもありますから、チャンスはまだある!!

ひとまず忘れたいのであれば、父と一緒にゴキブリ退治にでも行きます??
いい場所見つけたんですよ。

誰誘っても一緒に来てくれなくて。
失恋も吹っ飛ぶほどの素敵な思い出になると思いますよ。笑

YouTubeで京橋ゴキブリで調べてもらって、それ見ても大丈夫であればレッツゴーです。
ポケモンGOみたいなノリで行きましょー!


-----------------------------


かな

父、こんにちは。
これから暑くなってきますが体調には気を付けて下さいね!

私は現在就活中なのですが、地元と東京のどちらで就職するか悩んでいます。
地元で就職すれば実家に住めるので安心感もありますが、このタイミングで家を出なければ一生TOKYO Dreamerになると思うとなかなか決められません。

父は人生の分岐点でどのように決断してきましたか?
ちなみに社会人になってからは一人暮らしと実家暮らしどちらがオススメですか?
父のLIVEに行くことを励みに最後まで就活頑張ります!


-----------------------------


父が言えるのは、確実に一人暮らしをオススメします。
そして、悩んでいるのであれば上京もオススメします。

理由は何にしても一度東京に身を置いて色んな事を感じる事はプラスにしか思わないからですね。
結果違うと感じて地元に帰ってもいいわけですからね。

それでも父にはプラスだと思うんですよね。
興味があって悩んでいるのであれば是非東京に来てはどうでしょうか?


-----------------------------


さい

父こんにちは。

夏が始まりましたね!
私にとって夏といえばフェスです!!!!!
NICOファンになったのも
フェスがきっかけだったりします。

タイムテーブルが出たら何を見るか計画したり…。
フェス飯を食べたり…。
新たなアーティストさんが好きになったり…。
本当にワクワクします。

そこで父に質問です。
父はフェス当日どんな1日を過ごしてますか?

日焼けに気をつけてください。
フェス楽しみにしています!


-----------------------------


夏といえばフェスですね!
父も同じです。

父のフェスの過ごし方は、LIVEまでは気持ちを整えて指をならしたり何なりして。
終わってからは、まずカキ氷たべて。

日焼け止めを再度塗って、今年は麦わら帽子を買ったのでそれ被って、気になるアーティストを観に行きますね。
バックステージ帰ったらまたカキ氷たべて。後はだらだらゆっくりしてますね。

いつか車で行ってテント持って行ってそこで寝たりご飯食べたり、怖い話したりしたいんですけどね。
父の夢の一つです。
今年もフェスまだこれからあるので、一緒に楽しみましょう!!

今回の相談はここまで、また次回お楽しみに!
と言いたいところなのですが、行徳の父今回で一度休業します。

来月からは違うコーナーにしようと思っています。
理由は父の受け答えのネタが尽きたからです。笑

たまに行徳の父もやろうと思っているので、メールは随時お待ちしています。
それではまた来月!!

Recent Entries

PAGETOP